光热

0120-911-610

電話受付時間 平日 9:45〜17:30

北京光热

TOP > サービス案内 一覧 > 顧客獲得コール「アポluck」


北京光热

  • 会員登録
    来店に繋がらない
  • 営業マン
    営業に専念してほしい
  • テレアポスタッフ
    採用が難しい
  • 電話追客
    できていない
  • WEB反響集客
    仕組み化したい

激光热像仪

アポluckはお客様との早期接点を確保し、来店へと誘導するコールです。 WEB反響後にベストタイミングでコールすることで誘導率が上がります。

中控光热

光热效应

アポ取りと追客に特化した専任TELオペレータを設置することで来店誘導率30%を実現
アポ率が3倍以上に跳ね上がったという事例もございます。

光热概念股

しゃべる技術だけではなく、聞く力も必要。 希望エリア・入居時期・間取り・予算などアポが取れた後の商談を見据えたヒアリングをすることで 商談までに事前準備ができます。またお客様それぞれに最適なイベント情報のご提案が可能です。

阳光热力锅炉

トークスクリプトは作成当初のままではなく、分析して言い回しを変えるなど、精度の高いものへと仕上げていく必要があります。成果につながったトーク事例はメンバーで共有し、トークスクリプトを常に進化させていくことで誘導率を高めます。

光热效应

About アポluckの概要

Concept
貴社見込み客を「最短」「最速」で顧客化!
point01

新規コール

不動産サイトの反響から来店誘導へのアポ取り(資料請求者へのコールも可) 網羅性の高さを生かしたきめ細かいコールで、お客様と早く深く会話ができ、アポ率UPにつなげます。

point02

無駄のない営業コール

中長期顧客への再来店促進、過去客リストのクリーニングなど、顧客管理を徹底することで、無駄のないマーケティングが可能になりコスト削減も実現します。

WEB反響応対専門コールセンター

成果を早く、確実に出したい方は「実績のある専門家にアウトソーシング」することをおすすめします!
社内に専任担当者を置くより、スピーディーに成果を実感いただけます。

  1. ①エンドユーザー

    ・不動産サイトへの会員登録
    ・お気に入り物件への資料請求

  2. ②貴社WEBシステム

    ・お客様からの反響通知が届く
    ・反響通知をFCRコールセンターへ共有

  3. ③FCRコールセンター

    ・顧客反響通知を確認
    ・反響後コールセンターよりお客様へ即電

  4. ④お客様へコール

    ・会員登録・資料請求のお礼、来店・イベント誘導コール
    ・アポ日程やコール状況を貴社店舗へ報告

  5. ⑤貴社店舗

        ・お客様店舗来店
        ・商談

RESULT コールの事ならお任せください!

FCRの営業代行コールは テレアポ・セミナー集客・採用・調査・過去客掘り起しなど、幅広い業種・分野でご活用いただけます。
お気軽にご相談ください。

Flow サービスの流れ

  1. STEP.1お問い合わせ・ご相談

    まずはお電話・メールでお気軽にお問い合わせください

  2. STEP.2お打合せ

    ご依頼内容の確認・詳細事項についてヒアリングいたします。

  3. STEP.3事前準備

    スクリプトの作成・リストの調整等の準備を行います。

  4. STEP.4コールスタート

    事前準備完了後、コールスタートいたします。

Staff 担当スタッフのご紹介

  • 船井総研コーポレートリレーションズ
    エンゲージセンターグループ
    池内 愛

    船井総合研究所において、コスト部門であったコンタクトセンターを収益部門に転換させた立役者の1人。

    comment
    企業のサービスや商材こそが顧客との絆(エンゲージ)ととらえ、業績アップに繋がるサポートを致します。

FAQ よくあるご質問

コールの対応日は平日のみですか?
コールは土日もOK FCRのコールは土日でも対応可能。最適なタイミングでコールすることが可能です。
コールオペレーターは女性ですか?
女性オペレーターがコールさせていただきます 相手に警戒心を与えにくい、女性ならではの営業コールで誘導率を高めます。
電話だけでなくメール問い合わせ対応も可能でしょうか?
メールも可能 オプションとはなりますが、電話での問い合わせ対応だけでなくメール問合せも可能です。
1人のお客様に対して不在時のコールは何度までかけてもらえますか?
5回までおかけします 繋がりやすいタイミングを考慮して5回までおかけします。
WEBやLP、コールシステムなどはすでに持っている場合はどうしたらいいのでしょうか?
ツールをお持ちの方は既存ツールを利用することも可能です お客様のシステムやツールを共有いただければ、対応させていただきます。
顧客管理システムをもっているのですが、その際はどのようになりますか
アカウント共有によりそちらの顧客システムに入ることが可能です。